初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

分析

用語集
 
イールド
投資による利益や収益で、投資に対する年間のリターンを表す。通常パーセンテージで表示される。

 
イールドカーブ
「利回り曲線」とも呼ばれる、投資期間ごとの利回りを線で結んだもの。縦軸を金利(利回り)、横軸を残存年数として表すグラフ。

 
移動平均収束拡散法 (MACD)
MACDとも呼ばれる。基本となる「指数平滑移動平均線(MACD)」と、MACDの移動平均線である「シグナル」と呼ばれる2本の線の推移で相場判断をする。相場の大きな動きを読みやすいため、トレンド形成時に相場の反転ポイントを見極めやすい。

 
インプライド・ボラティリティ
予想変動率とも呼ばれる。オプション価格から間接的に算出される株式・為替・金利などの資産の将来の変動率を予測したもの。

 
インフレ
インフレーションの略。財やサービスの価格水準が全般的に上昇すること。貨幣の購買力が低下する。

 
エリオット波動理論
チャート理論のひとつ。相場にはパターンがあり、一定のサイクルを繰り返しながら動いていくという理論。短期足・長期足のどちらにも当てはまり、相場の押し目や戻り目を予測できる。

 
オシレータ
相場の強弱(買われすぎ、売られすぎ)を示すテクニカル指標。

 
金利差
各国の通貨に設定されている基準金利の差。

 
経済指標
現在の経済成長や安定性の度合いを示す統計値。各国の経済状況及び今後の成長性や将来性を予測する。先行指標・遅行指標・一致指標の3つに分類される。

 
シクリカル銘柄
景気の変動によって株価が動きやすい(連動しやすい)銘柄のこと。景気が良ければ利益が出て、景気が悪いと損失が出る。

 
自己相関
異なる期間における一つの変数の変化の相関関係。簡単にいうと、同じ変数の現在と過去でどれだけ相関があるかということ。価格が負の自己相関を示せば、ある期間に下降した場合、次の期間には上昇することを示唆する。価格が正の自己相関を示せば、ある期間に下降した場合、次の期間にも下降することを示唆する。

 
システマティック・リスク
分散投資によって消去することができない市場そのものに存在するリスク。市場リスク・分散不能なリスクともいう。ポートフォリオを組むことでリスクヘッジすることは可能だが、リスクをなくすことはできない。

 
収益率(ROR)
一定期間における投資元本に対する利益や損益の割合のこと。インカムゲインとキャピタルゲインがある。 = 投資収益率(Rate of Return)

 
ストキャスティック・オシレータ
テクニカル分析の一つ。相場の買われすぎ、売られすぎを判断する。過去一定期間の最高値と最安値から終値の水準を分析する。

 
相対力指数 (RSI)
テクニカル指標のひとつ。終値の上昇と下降を比較することで、相場が上昇・下降のどちらの勢いが強いかを計測する。数値は0%~100%の間で推移し、70%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎとされている。

 
ダイバージェンス
相場の値動きとテクニカル指標の動きが逆行する現象のこと。日本語では分岐などを意味し、相場の転換点になる可能性が高い現象。

 
単純移動平均 (SMA)
一定期間の平均価格を計算して線で結んだもの。平均価格を利用することで、短期的な日中の変動ではなく、長期的なトレンド(方向性)を把握しやすくなる。

 
定量分析
数値から状況を分析する手法。

 
テクニカル分析
過去の市場データ(価格や値動きのサイクル)をもとに相場を予測する。

 
トータル・リターン・スワップ (TRS)
原資産から生まれた株価のリターンや配当などと、金利を交換すること。

 
パリティ
等価であること。FXでは2つの通貨の価値、為替レートが等しい場合を指す。

 
バリュエーション
評価・見積りなどを意味する。資産や通貨の価値を見積もるプロセスのこと。

 
ヒストリカル・ボラティリティ
過去の原資産の価格、レート、リターンに基づいて算出した変動率のこと。この数値が下がってくると相場に力がたまっているとされる。中長期の相場をみるのに適している。

 
非流動性資産
積極的に取引されていない証券や通貨。

 
ファンダメンタルズ分析
金融市場の方向性に影響を与える可能性のある経済指標や、政治的・時事的な出来事を分析すること。テクニカル分析の反対語。

 
フィボナッチ数列
「前の2つの数字を加えると、次の数になる」数列のこと。例:1+1=2,1+2=3
フィナボッチ・アーク、フィナボッチ・エクスパンション、フィナボッチ・タイムゾーン、フィナボッチ・リースメントが一般的。

 
ボリンジャーバンド
過去の取引と比較した場合の価格の高低を測定するテクニカル分析ツール。ミドルバンド(単純移動平均)・アッパーバンド・ロワーバンドの3つのバンドで構成される。

 
ミーン・リバーション
平均回帰性ともいう。大きく価格が動いたときに、相場が平均値へ戻ろうとすること。

 
メンテナンスマージン(維持証拠金)
これを下回るとマージンコールが発生し、証拠金維持率を水準に戻すために資金を入金するよう要求される。

 
保ち合い
ある通貨ペアの需要と供給のバランスが取れている状態。相場のトレンドが横ばいの状態。

 
ラリー
小さな上下を伴いながら、徐々に上昇していく値動きの様子。

 
ローソク足チャート
連続した期間における相場の4本値(始値・終値・安値・高値)を示すチャートの一種。日本の江戸時代に生まれたチャートで、相場の流れが一目でわかる。

 
ロット (Lot)
FXの取引単位。

 
割安
通貨が購買力平価などの評価指標を下回って取引されている状況。

 
Jカーブ効果
外国為替市場で為替レートが変動した際に、短期的に予想される方向と逆方向に貿易収支が動くこと。グラフで表示される形がアルファベットの「J」の形に似ていることから名づけられた。円安が進んだ場合、本来貿易収支の黒字化が見込まれるが、短期的には赤字が増加し、その後黒字に向かって上昇していく。

 
Zスコア
0を基準にした偏差値のこと。Zスコアの値が0より高い場合は、それが平均を上回っていることを表す。

 
Back to top