初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

テクニカル分析指標の知識を深め、 トレーダーとしての腕を磨く



トレーディングチャートのパターンに対する理解を深め、市場動向をより的確に予測することができます。

 

ここでは、よく知られているテクニカル指標やチャートパターンをご紹介します。

市場にはトレンドがあり、多くのトレーダーは、資産の価格に何が起こるのかを予測するために、テクニカル分析ツールを利用しています。これは、取引のタイミングを計り、最適なエントリーポイントとエグジットポイントを選択するために不可欠なスキルです。
また、テクニカル指標は、市場動向を把握し、資産や通貨ペアの価格を決定する上で大きな要因となるセンチメントを知る上でも役立ちます。これらの知識はリスク管理にも役立ち、ライブ口座での取引に自信が持てるようになったら、資本を保護するために利益確定注文や損切り注文を出すのにも役立ちます。

メニューを下にスクロールすると、人気のインディケータやパターンの詳しいガイドが表示されます。

指標(インジケーター)

 

ADX-指標

ADX-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

ADX(Average directional index:平均方向性指数)は、トレンドの強さを判断するために役立つ指標です。

 

ATR-指標

ATR-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

ATR(Average True Range:真の値幅平均)は、価格帯を分析することで、平均的なボラティリティを測定する指標です。

 

モメンタム

モメンタム-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

モメンタムは、相場の勢いや方向性を判断するために利用する指標です。

 

パラボリックSAR

パラボリックSAR-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

パラボリックSARは、価格の方向性を判断し、反転の可能性を見極めるために用いられる指標です。

 

RSI

RSI-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

RSI(相対力指数)は、市場が買われすぎまたは売られすぎの状態であるかを識別するのに役立つモメンタム指標です。

 

単純移動平均

単純移動平均-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

単純移動平均(SMA)は、トレンドを判断する際に使用する、わかりやすく人気の指標です。

 

ジグザグ

ジグザグ-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

ジグザグは、トレンド反転の可能性を判断するために使用する基本的なツールです。

Oscillators

 

アリゲーター

アリゲーター-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

アリゲーターは、ビル・ウィリアムズ氏が考案したトレンド系指標です。

 

Awesome

Awesome-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)は、ビル・ウィリアムズ氏が考案したオシレーター系指標です。

 

フラクタル

フラクタル-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

フラクタルは、ビル・ウィリアムズ氏が考案したトレンドの転換点を検知する指標です。

 

CCI

CCI-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

CCI( Commodity channel index:コモディティ・チャネル指数)は、市場の買われすぎまたは売られすぎを判断するために使用する指標です。

 

MFI

MFI-指標|取引を学ぶ|ThinkMarkets

MFI(Money flow index:マネーフロー指数)は、需要と供給を測定するための指標であり、市場がどこに向かっているかを判断するために使用します。

 

ストキャスティックス

ストキャスティックス-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

ストキャスティックスは、市場が買われすぎの状態か、売られすぎの状態かを判断するための指標です。

 

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%R-指標 |取引を学ぶ|ThinkMarkets

ウィリアムズ%R (ウィリアムズ・パーセント・レンジ)は、買われすぎや売られすぎの状態を識別するために使用するモメンタム指標です。

強気のチャートパターン

 

上昇型トライアングル

上昇型トライアングル|取引を学ぶ|ThinkMarkets

上昇型トライアングルは強気のチャートパターンで、全体のトレンドが継続する可能性が高いことを示しています。

 

ブルフラッグ

上昇フラッグ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

上昇フラッグは、全体的な上昇トレンドが継続する可能性を示す継続のチャートパターンです。

 

ブルペナント

上昇ペナント|取引を学ぶ|ThinkMarkets

上昇ペナントは、上昇トレンドの延長を示唆する強気の継続パターンです。

 

コンティニュエーション・パターン

コンティニュエーション・パターン|取引を学ぶ|ThinkMarkets

コンティニュエーション(継続)パターンは、一時的な休止が終わり、ブレイクアウトが確認された後、優勢なトレンドが継続する可能性が高いことを表します。

 

ダブルボトム

ダブルボトム |取引を学ぶ|ThinkMarkets

ダブルボトムは、下降トレンドの終わり近くに発生する強気のパターンです。一種の反転パターンです。

 

下降ウェッジ

下降ウェッジ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

下降ウェッは、値動きがロウワー・ハイ(高値がじわじわと下がる)とロウワー・ロー(安値がじわじわと下がる)を形成し、2本のトレンドラインが収束するときに発生します。強気のトレンドの時に発生します。

 

トリプルボトム

トリプルボトム|取引を学ぶ|ThinkMarkets

トリプルボトムは、トレンドの方向性が変わることを示す強気の反転ローソク足パターンです。

弱気のチャートパターン

 

ベアフラッグ

弱気フラッグ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

弱気のフラッグとは、一時的な小休止が終わると、下降トレンドの延長を示唆するローソク足のチャートパターンです。

 

ベアペナント

下降ペナント|取引を学ぶ|ThinkMarkets

下降ペナントは、下降トレンドの継続を示す弱気のチャートパターンです。

 

下降型トライアングル

下降型トライアングル|取引を学ぶ|ThinkMarkets

下降型トライアングルは、既存のトレンドが継続する可能性が高いことを示す弱気のパターンです。

 

ダブルトップ

ダブルトップ・リバーサル|取引を学ぶ|ThinkMarkets

ダブルトップ・パターンは、反転が迫っていることを示す弱気の反転パターンです。

 

首吊り線

首吊り線-ロ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

首吊り線は、相場が反転する可能性があるという警告を発する弱気のローソク足パターンです。

 

ヘッドアンドショルダー

ヘッド・アンド・ショルダー|取引を学ぶ|ThinkMarkets

ヘッド・アンド・ショルダーや逆ヘッド・アンド・ショルダーは、最も人気のあるリバーサル・パターンの1つです。

 

上昇ウェッジ

上昇ウェッジ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

上昇ウェッジ・パターンは、ハイヤー・ハイとハイヤー・ローが2本の収束するトレンドラインを作るときに発生します。

 

流れ星

流れ星-ローソク足パターン|取引を学ぶ|ThinkMarkets

流れ星のローソク足パターンは、反転シグナルを生じる1本ローソク足の弱気パターンです。

 

トリプルトップ

トリプルトップ・リバーサル|取引を学ぶ|ThinkMarkets

トリプルトップとは、上昇トレンドの終盤に発生する弱気のパターンで、トレンドの方向性が変わることを意味します。

General Patterns

 

ダイバージェンス・パターン

ダイバージェンス|取引を学ぶ|ThinkMarkets

RSIやMACDなどのオシレーターを使って、定期的なダイバージェンス(逆行現象)や隠れたダイバージェンスを発見する方法をご紹介します。

 

同時線

同時線のローソク足パターン|取引を学ぶ | ThinkMarkets

同時線ローソク足は、実体部分が非常に小さいか、実体部分が全くなくほとんどヒゲだけで構成されています。このフォーメーションは、下降トレンドの終わりや、上昇トレンドの終わりの段階に生じます。

 

抱き線

抱き線のローソク足パターンについて | ThinkMarkets

強気および弱気の抱き線ローソク足は、反転の可能性を示すシグナルを生成する強力なリバーサル・フォーメーションです。これらのパターンは、見つけやすく、取引しやすいため、人気のあるローソク足パターンです。

 

ハンマーと逆ハンマー

ハンマー-ローソク足パターン|取引を学ぶ|ThinkMarkets

ハンマーおよび逆ハンマーのローソク足パターンは、トレーダーに最も人気のあるテクニカル指標の1つです。

 

平均足チャート

平均足-チャート|取引を学ぶ|ThinkMarkets

平均足を取引戦略に使う主な目的は、市場でよく見られる不安定さやボラティリティを見抜くためです。

 

一目均衡表

一目均衡表-指標|取引を学ぶ|ThinkMarkets

一目均衡表は、主にサポートラインやレジスタンスラインを決める際に使用する指標です。

 

丸坊主

丸坊主-ローソク足パターン|取引を学ぶ|ThinkMarkets

丸坊主のローソク足パターンは、簡単に見つけることができるストレートな形で、トレーダーに重要な強いメッセージを発しています。

 

三川明けの明星と三川宵の明星

三川明けの明星と三川宵の明星のローソク足パターン | ThinkMarkets

三川明けの明星と三川宵の明星のローソク足パターンは、どちらも3本の連続したローソク足に基づいているため、より複雑なフォーメーションと考えられています。そのため、他のパターン、特に1本のローソク足に比べて、発生する頻度は低くなります。

 

リバーサル・パタ-ン

リバーサル・パターン-チャ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

リバーサル(反転)パターンは、継続パターンとは逆に、トレンドの方向性が変化しつつあることを示します。

 

スピニングトップ

スピニングトップ|取引を学ぶ|ThinkMarkets

スピニングトップは、将来のトレンドの方向性についての優柔不断さを示すローソク足パターンです。

 

シンメトリカル・トライアングル

シンメトリカル・トライアングルとは | ThinkMarkets

シンメトリカル・トライアングルは、値動きが横ばいで推移するときに発生する保ち合いのチャートパターンです。2本のトレンドラインが交差点で収束していることから、中立のパターンと考えられています。

 

赤三兵と黒三兵

赤三兵と黒三兵|取引を学ぶ|ThinkMarkets

赤三兵(英語圏では「3人の白い兵士」)と黒三兵(英語圏では「3羽の黒いカラス」)のは、トレンドの反転を確認する反転のローソク足パターンです。

 

毛抜き天井と毛抜き底

毛抜き天井と毛抜き底|取引を学ぶ|ThinkMarkets

毛抜き天井と毛抜き底は、価格の方向性が変わる可能性を示唆する反転のローソク足パターンです。

Join thousands of traders who choose a mobile-first broker.
Back to top