初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

下降型トライアングルチャートパターン  

サポートラインが水平で、レジスタンスラインが右下がりになっているパターンを、下降型トライアングルといいます。下降型トライアングルは、通常下降トレンドの中で発生し、下降トレンドが継続する可能性が高くなると言われています。最も一般的なチャートパターンの1
 

つで、2本のサポートラインとレジスタンスラインで構成されています。  

 

ここでは、下降型トライアングルがどのようにして形成されるのか、何を示しているのか、下降型トライアングルの効果的な取引戦略のヒントをご紹介します。 

下降型トライアングルが示すもの 

下図のように、下降型トライアングルは弱気のコンティニュエーション(継続)チャートパターンです。値動きは明確な下降トレンドとなっています。値動きの主導権を握っている売り手は、下降型トレンドを継続する前に、直近の利益を固めるために一時的な小休止を取ります。  

 

下降型トライアングルは通常、トレンドの中盤で発生します。トレンドの最初の部分、つまり下降型トレンドの始まりがあり、保ち合い局面の後にトレンドが継続します。したがって、下降型トライアングルは通常、より大きなトレンドの途中にあるといえます

 

下降型トライアングル - 図

 

値動きの保ち合いは、下降型トライアングルが生じる際に形成されます。安値と高値と水平方向のサポートラインを結ぶ2本のトレンドラインは交差して収束していきます。2本の線の間隔が狭ければ狭いほど、ブレイクアウトが強くなります。 
 

下降型トライアングルの重要な要素は3つです。 

・下降トレンドが発生している。 

・その中で一時的な保ち合いが発生している。 

・サポートラインをブレイクアウトすることで強気な下降トレンドが発生する。 
 

下降型トライアングルが弱気のフォーメーションであることを考えると、トレンドが下降し続ける可能性の方が、反転する可能性よりも高いと言えます。 

いつでもどこでも取引ができる

長所と短所 

下降型トライアングルには、上昇型トライアングルと同様に、長所と短所があります。長所としては、2本のトレンドラインがエントリーすべき水準を教えてくれるので、取引環境を見極めるのに非常に役立ちます。  

 

トライアングルの下方突破に失敗することは常に起こり得ますが、トレンドが同じ方向に継続する可能性は、反転する可能性よりも常に高くなります。このような理由から、下降型トライアングルは、エントリー、指値、逆指値をより良い水準で実行するための効果的なツールといえるでしょう。 
 

反対に、ブレイクアウトに失敗することが、下降型トライアングルの最大の短所です。値動きがブレイクアウトし、低い方のトレンドラインの下で引けたにも関わらず、トライアングルの内側に戻ってくることがあります。ブレイクアウトが失敗する可能性を最小限に抑えるためには、他のテクニカル指標を参照(出来高やRSI)しながら、ブレイクアウトを確認することをお勧めします。 

下降トライアングル・パターンを見つける 

先ほど、下降型トライアングルは通常、下降トレンドの継続に役立つため、トレンドの中間で発生すると言いました。下のチャートでは、EUR/USDが連続して下降しています。値動きが2つの等しい安値を作っているため、サポートラインを引くことができます。  
 

しかし、売り方は、買い方が一連の安値・高値をブレイクするのを許さず、この状況は2本のトレンドラインが交わる寸前まで続きます。そして、売り方がトライアングルを下方突破することに成功し、下降トレンドの継続が確定します。 

 

EUR/USDの1時間足チャート上の下降型トライアングル

 

下降トライアングルを見つけるのは、非常にわかりやすくて簡単です。最初に、下降トレンドを特定します。その後、水平のサポートラインを描くために、少なくとも2つの等しい、または、ほぼ等しい安値を探します。このとき、反対側のトレンドラインは安値・高値を反映して下に伸びていくはずです。  

 

変動の激しい市場で正確なレベルを期待するのは難しいため、下側のトレンドラインは必ずしも完全に平行ではないことに注意することが重要です。下側のトレンドラインがほぼ平行であれば、それは正当なものだと考えるようにしましょう。このラインをブレイクすると、下降型トライアングルのパターンが有効となり、次の下降局面で利益を得るために市場へのエントリーを検討する必要があります。 

デモ口座でご体験ください

下降型トライアングルでの取引 

下降型トライアングルの最大の長所は、ブレイクアウトが近づいたときに、取引のフォーマットを決めるのに役立つことです。すべてのローソク足チャートパターンと同様、サポートラインをブレイクすると、このパターンが有効になり、エントリーのための2 
 

つの選択肢が考えられます。 

 

ブレイクアウトしたローソクが引けた直後に市場に参加するか、あるいはスローバックの可能性を待つかです。このケースでは、ブレイクしたトレンドラインを再び試す戻しが生じなかったことがわかります。したがって、結果的には、下降局面で利益を得るチャンスは1回しかなかったことになります。 


EUR/USDの1時間足チャート上の下降型トライアングル

 

上図の黒の水平線は、1時間足チャートのブレイクアウトのローソクが引けた直後に行ったエントリーを表しています。先ほど、トライアングルの内側に戻った場合は、ブレイクアウトが失敗したことを意味し、このパターンは無効になると述べました。このような理由から、潜在的な損失を抑えるために、ブレイクしたトレンドラインの上に逆指値を設定します。  

 

指値は、トライアングルが最初に形成されたときの2本のトレンドラインの間の距離を計算することによって判断することができます。この場合、ブレイクアウトが発生したレベルから同じラインをコピーします。このとき、トレンドラインのもう一方の端はパターンが完成するレベルを示します。 

 

今回のケースでは、買い手の抵抗をそれほど受けずに売り手が値動きを下方へ導いたため、指値注文(緑のライン)が非常に早く約定しました。最終的に45pipsのリスクを負いながら125pipsの利益を計上したことで、リスク・リターン比率はほぼ1:3となり、非常に有益な結果となりました。 

Any opinions, news, research, analyses, prices or other information contained on this website is provided as general market commentary and does not constitute investment advice. ThinkMarkets will not accept liability for any loss or damage including, without limitation, to any loss of profit which may arise directly or indirectly from use of or reliance on such information.
Back to top