ダブルトップ

ダブルトップは、上昇トレンドの頂点で観察される弱気の反転パターンで、トレンドの反転が近いことを示唆します。ダブルボトムが「W」の文字に似ているのに対し、ダブルトップは「M」の文字に似ており、高値が2つあるのが徴です。  

ここでは、ダブルトップを正しく描く方法、その構造からわかること、そしてダブルトップで取引して利益を上げる方法を、取引戦略を交えて紹介します。
 

ダブルトップが教えてくれること 

ダブルトップのチャートパターンは、弱気の反転パターンです。相場の天井を示しており、上昇トレンドから下降トレンドへと転換することを示唆しています。 

上昇トレンドの中で1度下降し、その後、前回つけた高値付近まで反発するものの、高値を更新せずに下落していくチャートのことを指しています。ポイントは、2回目の下落で直近の安値よりも価格が下がっていることです。Double-Top-Reversal-1-JP.png

ダブルトップのチャートパターンには、次の3つの重要な要素があります。 

  • 上昇トレンド - 上昇トレンドでなければダブルトップは機能しない。  
  • 同水準の2つの高値 - 全く同じ高さの2つの高値を見つけるのは難しいが、上昇の上限となる水平方向のレジスタンスラインで再び買い手を止めることが確認できたものを、同水準の2つの高値として扱う。 
  • ネックライン - 最初のピークの後の戻しの直近安値を「ネックライン」と呼び、この直近安値を割り込む。 

ダブルトップの形成は、値動きがネックラインを下方にブレイクすると有効になります。そして上昇トレンドから下降トレンドへ転換していきます。 

理想としては、2つのピークの間に一定の時間が経過すると良いでしょう。最初のピークの直後に2つ目のピークが発生し、わずかな戻ししかなかった場合は、買い手が最初のピークを上抜く可能性が高いと考えられます。この場合のダブルトップは、コンティニュエーション(継続)パターンとなります。  

このような理由から、最も効果的なダブルトップは、2つのピークの間に一定の時間が経過した場合です。また、ダブルトップがコンティニュエーション・パターンになってしまうことを避けるために、ネックラインのブレイクを待ってから市場にエントリーすることが非常に重要です。 
 

長所と短所 

ダブルトップは、ダブルボトムと同様、重要なリバーサル(反転)パターンの1つです。最大の長所は、その効率の良さと、トレンドの方向性の変化を予測できる可能性が高いことです。  

ネックラインの存在によって、このパターンは、明確に定義されたエントリーラインを教えてくれます。ネックラインはリスクを示すものであり、1度パターンが有効になれば、指値を決断するのに役立ちます。  

一方、ダブルトップの最大の短所は、その時点までの非常に強力なトレンドに対抗しているため、最終的に強気のトレンドを継続させるシナリオとなる可能性が常にあることです。したがって、トレーダーは市場に参入する前に、常に他のテクニカル指標を利用し、多角的に分析する必要があります。 
 

ダブルトップを見つける 

ダブルトップは、トレーディングではそれほど一般的ではありません。しかし、ひとたび正しく認識されれば、トレーダーにとっては強力なツールとなります。下記のUSD/CHFの日足チャートは、力強い強気トレンドにうまく対抗する方法を示す例です。  

最初の強気の動きは、買い手にとって500pips以上の莫大な利益となります。価格はほぼ垂直に上昇し、戻しはありません。値動きは、最初のピークを付けた後、初めて比較的大きな戻しを経験しながら、下降していきます。Double-top-Image-2.jpg

その後、買い手は体勢を立て直し、1.0050ドル付近にある水平方向の同じレジスタンスラインに再び急襲を仕掛けます。しかし、同じレジスタンスラインで再び失敗したため、より深い戻しを促すことになってしまいました。 
 

ダブルトップでの売買 

ダブルトップにおける取引の基本原則は、ダブルボトムの場合と同じです。繰り返しになりますが、このパターンは、ネックラインをきれいにブレイクして、ネックラインより下で引けた(できれば毎日)場合にのみ有効になります。こうすることで、値動きがネックラインを実際にはブレイクすることなく、一時的にこれを下回る水準で取引されるような、ブレイクダウンの失敗から身を守ることができます。
Double-top-Image-3.jpg

米ドル/スイスフランの売り手は、前回の下方への戻しが終わった地点まで値動きを持ってくると、今度は新たな弱気のトレンドの開始を目指します。ネックラインを非常に素早くブレイクしたため、目的はすぐに達成されました。  

ダブルトップには2種類のエントリー方法があります。1つ目は、より積極的なエントリー方法で、ローソク足がネックラインの下で引けた時点で市場に参入します。  

2つ目のルートは、より保守的なアプローチで、値動きが上向きになり、ブレイクしたネックラインを再び試すのを待ってから、より高い(より有利な)価格で市場に参入するものです。 この方法は、リスク・リターンの比率が高くなりますが、高値更新が起こらない可能性があるため、取引チャンスを逃す可能性も高くなります。一方、1つ目の方法では、必ずトレンドに乗ることができますが、エントリーがかなり低くなる可能性があります。 

今回のケースでは、米ドル/スイスフランは値動きが下に流れたため、2つ目の選択肢を選ぶことはありませんでした。上方で小さな反発はありましたが、一度ブレイクしたネックラインには到達しませんでした。このケースでは、0.9760ドルでエントリーします。このレベルは、米ドル/スイスフランが初めてネックラインを下回って引けた水準です。  

逆指値はネックラインの上に設定すべきで、値動きが反発してネックラインに再挑戦する場合は、ブレイクアウトが失敗する可能性があるため、いくらかのスペースを残しておく必要があります。そこで、逆指値をネックラインの30pips上の0.9820ドルに設定しました。なお、ネックラインを上抜けた場合は、ダブルトップは無効になります。 

指値は、ダブルボトムの場合と同様、レジスタンス(ダブルトップ)とネックラインの間の距離を測定して計算します。その後、ブレイクアウトが発生した地点から同じトレンドラインをコピーし、トレンドラインの終点が今回の逆指値となっています。ここでは、0.9530ドル付近がトレンドラインの終点となります。 

USD/CHFは、逆指値から約10pips上の0.9540ドルまで一気に引き下げられました。逆指値と同様、一部のトレーダーが早めに取引を終了する可能性があるため、逆指値には常にある程度の余裕を持たせることをお勧めします。最終的に、このトレードでは、リスクを30pipsに抑えながら220pipsを獲得しました。