初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

流れ星のローソク足パターン 

流れ星のローソク足パターンは、上昇トレンドの頂点で、トレンドが勢いを失ったときに見られます。 

 

流れ星は、ハンマー型ローソク足 を逆さにしたもので、逆ハンマー・パターンとよく似ています。ヒゲは下ではなく上に伸び、始値、安値、終値はすべて、ローソクの底部の同水準に固まって存在します。 

 

流れ星と逆ハンマーの違いは、どちらのトレンドで発生するかという点です。流れ星は、上昇トレンドの頂点で発生する、上昇トレンドを終わらせるための弱気なチャートパターンです。一方、逆ハンマーは、下降トレンドの底辺で見られる強気のチャートパターンで、価格が上昇トレンドに転じる可能性が高いことを示しています。 



流れ星 - 図

緑と赤のローソク足はどちらも流れ星だと考えられますが、弱気(赤)のローソク足は、終値がローソク足の底に存在するため、より強力です。また、ハンマーと同様、ヒゲの長さは本体の2倍以上でなければなりません。  

  

一般的に、ヒゲが長いほど反転が強くなります。ヒゲが長いということは、強気筋が高値引けを確保できなかったことを示しているからです。  

 

トレーダーの中には、次のローソク足が弱気のローソク足になるかどうかを待って、反転が起こっていることを確認する人もいます。  

 

いずれにしても、たとえ流れ星が上昇トレンドの頂点で発生したとしても、それは反転を促すシグナルに過ぎず、直接的な売買シグナルとはみなされません。 

流れ星が教えてくれること 

すでに述べた通り、流れ星は、価格の方向性が変わる可能性を示す弱気のリバーサル(反転)パターンです。上昇トレンドが終わりに近づき、勢いが弱くなってきたため、売り方が価格の反転を起こせる自信を持っている状態を示しています。  

 

このような理由から、流れ星型のローソク足は非常に強力なフォーメーションであると言えます。他の値動きに比べてヒゲが常に突出しているので、その形状からもこのパターンは注目を集めています。  

  

流れ星のヒゲが短期的な新高値でもある場合は、特にそうです。  

  

この場合、買い方は高値を更新することには成功したものの、高値付近で引けることはできなかったということになります。そのため、売り方にとっては価格を反転させて、これまでの上昇分を取り消すチャンスとなるのです。 

  

したがって、流れ星の主な強みは、リバーサル・シグナルを生成する能力です。もちろん、常に正しいとは限りませんが、効果的で信頼性が高いと考えられています。ただし、これは何百もあるテクニカル指標の中の1つのシグナルであることに注意してください。  

 

そのため、流れ星が発するシグナルを、他の指標や他のローソク足パターンと常に照合することが重要です 。例えば、流れ星の周辺には、リバーサルや優柔不断さを示す他の形があるかもしれません。 

 

いつでもどこでも取引ができる

流れ星パターンの取引方法 

流れ星での取引は、ハンマーでの取引に似ています。ローソク足自体に注目し、特にそのヒゲが高く伸びている点が重要になります。下の例は、上昇トレンドにあるAUD/USDのチャートです。 

 

チャートの中盤では、値動きが下方修正された後、すぐに再び高くなりました。その後、長い強気のローソク足の中で高値を更新しています。このローソク足だけを見ると、上昇トレンドがあり、新高値を記録したばかりなので、強気派にとっては非常にポジティブな状況です。 


流れ星パターンでの取引

しかし、状況はすぐに変わります。セッション中、値動きは再び高値を更新しますが、新たな高値を作ることはできず、反転してセッション中の安値で引けます。その結果、流れ星型のローソク足が形成されます。  

  

次のローソクは長い弱気のローソクで、リバーサルが起こっていることが確認できます。最終的に、値は250pips下に後退しています。  

 

流れ星で始まったリバーサル局面で取引する場合、逆指値は常にローソク足の高値よりも上に設定する必要があります。ハンマーの場合と同様に、勝負するための明確なレベルを教えてくれます。 

 

ローソク足の高値を上回る高値引けを伴う持続的な動きがあった場合、このパターンは無効となります。 

 

指値注文は、お客様の取引スタイルとリスク管理方法によって異なります。フィボナッチ やトレンドライン、移動平均線などの他の指標を参考にして、勝ち取引からエグジットするかどうか決めるようにしましょう。 

  

このことについて、下のチャートにて説明します。このチャートでは、NZD/USDがほぼ横ばいで推移しています。チャートの中央部では、値動きが徐々に上昇し始めています。

 

流れ星パターンでの取引

一時は水平方向のレジスタンスラインを超えて、新たな高値を記録しています。しかし、買い手は値動きをコントロールできなくなり、戻しが始まります。重要なレジスタンスラインやサポートラインでの失敗は通常の失敗とは異なり、非常に重要な失敗と捉えるべきケースがほとんどです。このような理由から、レジスタンスラインのクリアに失敗した後、値動きは下方に反転し、サポートラインまで戻ります。  

 

上方の赤い線は逆指値を示しており、セッションの高値から約20pips上にあります。このペアが、損切りの位置であるこのレベルに到達した場合、ブレイクアウトの領域に達したということを意味し、リバーサルはないと考えられます。  

  

私たちの指値注文(下側の水平な黒線)は、前回、このペアが下落を試みた際に底を打った場所を示す単純なトレンドラインです。したがって、古いサポートラインまで価格が戻る可能性もあるということです。  

  

今回のケースでは、20pipsのリスクを負って90pips近く利益を獲得しています。単純に計算すると、リスク比は1:4:5となり、非常に利益率の高い取引となります。今回のような利益が得られるチャンスは、市場では非常に稀です。これは流れ星型ローソク足パターンが、いかに強力であるかを示しています。 

デモ口座でご体験ください

まとめ 

流れ星は、1本のローソク足の弱気なパターンで、リバーサルが近づいていることを示すシグナルになります。ハンマー・パターンに似ていますが、流れ星には、上に向かって伸びる長いヒゲがあり、始値、安値、終値はローソクの底付近に固まって存在します。  

  

その有効性と信頼性から、最も有用なローソク足のパターンの1つとされています。 

  

上に伸びる長いヒゲは、買い手がそれまでの上昇についていけないことを示しており、売り手には価格の方向性を変えるきっかけとなります。 

Any opinions, news, research, analyses, prices or other information contained on this website is provided as general market commentary and does not constitute investment advice. ThinkMarkets will not accept liability for any loss or damage including, without limitation, to any loss of profit which may arise directly or indirectly from use of or reliance on such information.
Back to top