トリプルトップ

トリプルトップは、上昇トレンドの終盤に発生する弱気のローソク足パターンです。リバーサル(反転)パターンとして、トリプルトップは、買い手が3回連続して水平方向のレジスタンスをクリアできなかった後にトレンドの方向性が変わる可能性を示唆しており、トリプルボトムと逆のシナリオです。   

ここでは、トリプルトップのチャートパターンの構造と、このフォーメーションを通して市場が何を教えてくれるのか、また、利益を上げるのに役立つ取引戦略のヒントもご紹介します。  
 

このパターンが教えてくれること  

トリプルトップ・パターンは、非常にわかりやすいフォーメーションです。これは、3つの連続した高値(トップ)が同じレベル、またはその近くで記録されたものです。このチャートパターンが発生するためには、まず値動きが明確な上昇トレンドにある必要があります。 

3つのピークを形成する必要があるため、水平のレジスタンスラインとネックラインの両方が完全に水平である完璧なトリプルトップ・パターンを見つけるのは不可能です。そのため、ネックラインが曲がっていたり、ピークの1つが水平レジスタンスラインのすぐ下か上に来る場合もあります。  

以下の3つがトリプルトップのパターンが起こるための必須要素です。 

  • 上昇トレンド が発生している。 
  • 水平方向のレジスタンス ラインがほぼ等しい3つの高値を結んでいる。 
  • ネックライン が3つのピークの間にある安値を結び、これをブレイクした場合にこのフォーメーションが有効となったことを意味する。 Triple-Top-Pattern-1-JP.png

トリプルトップ・パターンの発生は、強い上昇トレンドの中で起こります。3回連続して水平方向のレジスタンスラインを試すだけのパワーと強さがあったということは、強気の勢いがあったということでしょう。ほとんどの場合は、2回目の失敗の後に反転します。 

このため、トリプルトップのパターンは、トレンドの方向性を変えるためのツールとして使われます。買い手が長い間支配し、上昇トレンドで利益を上げていました。しかし、レジスタンスラインを取り除くのに3回失敗したことで、強気派の支配が終わりそうになると、売り方が参加し始め、値動きの傾向を逆転させる恐れが出てきます。  

3回目のレジスタンスラインの突破に失敗した後に ネックラインの突破の確率が高くなります。これが起こると、トリプルトップのパターンが有効になります。このため、ネックラインはトリプルトップ・パターンの中で最も重要な要素であると言えます。ネックラインがブレイクするとパターンが有効になり、指値と逆指値のレベルを決定することに役立ちます。
  

長所と短所

トリプルトップ・パターンは、珍しく、非常に強力なパターンです。買い方が3回も連続して上に抜けようとして失敗したという事実が、リバーサルを非常に強力なものにしています。このような失敗は、売り手にこれまでの上昇分を帳消しにするチャンスを与えます。  

トリプルトップのパターンは、ダブルトップよりもピークがひとつ多いため、ダブルトップに比べて発生頻度が低くなります。また、3回目の失敗で買い手はエネルギーを失ってしまうため、ブレイクアウトの可能性も低くなります。  

一方、珍しいチャート・フォーメーションであることは、最大の短所でもあります。例えば、必要な条件をすべて満たすきれいなトリプルトップ・パターンを見分けるには、チャート上での作業にある程度時間をかける必要があります。 
 

トリプルトップを見つける 

トリプルトップは、上昇トレンドから派生した弱気のリバーサル・パターンであることを覚えておいてください。下のチャートでは、4HチャートのUSD/CADが、チャートの左側で上昇しています。 

その後、1.29ドルの水平方向のレジスタンスにぶつかり、クリアできず、トレンドが始まってから初めての大きな調整が行われます。買い手はこの調整を利用して体勢を立て直し、同じレベルで再度攻撃を仕掛けますが、あまり成功しませんでした。 

その後、何度も1.29ドル台に乗ろうとし、3回目のピークの直前には1.28ドル台の途切れ途切れのアクションが記録されました。下方修正の後、買い手は再び行動を押し進め、一時的に1.2910ドル以上で取引された後、下方修正されました。
Triple-Top-Image-2.jpg
この例は、トリプルトップがいかに強力であるかを示しています。このレジスタンスをクリアしようと何度も試みた上、3回目の試みでは弱気のローソク足パターン さらなる売り圧力を招いてしまいました。これらの失敗は、強気筋にとってはあまりにも手に負えないものであり、強気派はついにあきらめ、それまでの上昇分を弱気筋にあっけなく帳消しにされてしまいました。 

完璧なトリプルトップ・パターンを待つのはとても難しいことです。そのようなパターンは稀であり、たとえ見つかったとしても、ネックラインが曲がっていたり、高値やピークが不揃いであったりと、特定の欠陥が存在する可能性を考慮しておく必要があります。
 

トリプルトップでの取引 

全体として、トリプルトップ・パターンの3つの必須要素である、上昇トレンド、3回の失敗、ネックラインの突破に注目する必要があります。この3つの要素によってパターンが有効となり、市場に参入するための扉が開きます。  

他のすべてのローソク足パターンと同様、エントリーには2つの選択肢があります。  

  • 1. ブレイクアウトしたローソクがネックラインを下回る水準で終値を付けた後にエントリーする 
  • 2. ブレイクしたネックラインを再び試すまで待つ 

今回の例では、最終的に両方の選択肢が検討できます。どちらを選んでも、エントリーは同じでした。逆指値注文はネックラインの上に設定されており、下降局面でネックラインを再び試す可能性に備えて若干のスペースを確保しています。 Triple-Top-Image-3.jpg

縦の青は、ネックラインと水平のレジスタンスラインの間の距離を表します。ブレイクアウトしたポイントからコピー&ペーストするだけで、測定された利益確定水準を知ることができ、これにヒットすればトリプルトップ・パターンの完成となります。  

チャートが示す通り、値動きは最初に利益確定水準に近づきましたが、反転し、ネックラインを再び試すべく、上方へ戻しました。最終的に、利益確定水準に達し、280pips以上の利益を計上しました。一方、リスクはわずか30pipsで、リスク・リターンの観点からもこのセットアップは完璧な取引となりました。