ブルフラッグ・パターンのすべて

ブルフラッグ・パターンは、上昇トレンドの延長を想定するコンティニュエーション(継続)パターンです。ブル=上昇という意味です。上昇トレンドが発生し、その後上昇トレンドと真逆の値動きが緩やかに続く状態を「ブルフラッグ」といいます。値動きはその上昇トレンドと反対にある2本の平行なトレンドラインで保ち合いとなり、その後ブレイクアウトして上昇トレンドを継続します。  

ここでは、ブルフラッグ・パターンとは何か、その要素、長所や短所について紹介します。さらに、ブルフラッグで取引する際の戦略についてご紹介します。 
 

ブルフラッグが教えてくれること

ブルフラッグは、旗竿と旗で構成されており、旗竿に旗を立てたような形をしています。ブルフラッグは、継続的な上昇トレンドで構成されます。ダブルトップ・パターンが「M」の字、ダブルボトム・パターンが「W」の字に見えるのと同じように、ブルフラッグは「F」の字に似ています。 

短期的な上昇トレンドが形成された後、値動きが緩やかに下落します。ブルフラッグ・パターンを発見したら、次に注目すべきはフラッグのレジスタンスラインのブレイクアウトです。ブレイクアウトが発生すると上昇トレンドが継続する傾向にあり、それを確認して買いを入れる投資家が多いと言われています。 

Bull-Flag-Pattern-1-JP.png
一般的なルールとして、保ち合い局面では、前のレッグ・ハイヤー(旗竿)の50%のフィボナッチ・リトレースメントを超えることはありません。50%を下回る水準にまでプルバックした場合は、上昇トレンドがそれほど強くないことを示しています。したがって、強いブルフラッグは、通常、上側のトレンドラインをブレイクする前のリトレースメントが38.2%から50%の範囲であることが必要です。  

この3つの要素は、ブルフラッグが発生するために不可欠な条件です。 

  • 旗竿 - 上昇トレンドが発生している。 
  • フラッグ - 2本の平行なトレンドラインの間で保ち合い局面となる。 
  • ブレイクアウト – 保ち合いでレジスタンスラインを突破することでこのパターンを有効にし、サポートラインのブレイクはこのパターンが無効となる。 


長所と短所 

ブルフラッグは、コンティニュエーション・パターンです。トレンドが現在どの段階にあるのかを確認するのに役立ちます。一般的な取引ルールとして、上方向への伸びを期待して適当な価格で購入することはお勧めできません。レジスタンスラインの突破か、プルバックを待つと良いでしょう。ブレイクアウトによって、より相場の方向性が正確に分析できるでしょう。 

このパターンは、すべての要因が揃っていると、取引を想定するために非常に優れたパターンであるといえます。特に、フィナボッチ・リトレースメント(戻し)が38.2%付近で終了し、強気のフラッグパターンが形成された場合には、その傾向が強くなります。レベルが明確に定義されているため、リスクとリターンの比率が大きいのも特徴です。  

一方、長期化した保ち合いの局面では、50%を下回る水準まで修正されると、リバーサル・パターン(トレンドが反転するパターン)になる可能性があります。繰り返しになりますが、最も強い強気のフラッグの修正は、フィボナッチ・リトレースメント38.2%レベル付近で終了しています。
 

ブルフラッグ・パターンを見つける 

先に述べたように、ブルフラッグはコンティニュエーション・パターンです。したがって、上昇トレンド、つまり一連価格変動を確認する必要があります。 

以下のチャートは、GBP/USDの値動きを日足で表しています。旗竿(青い上昇トレンドライン)は上昇トレンドの始まりを示しています。短期的な上昇トレンドが形成された後、値動きは最初の動きの50%程度まで下方修正されます。 

Bullish-Flag-pic-2.jpg
このケースでは、保ち合いに通常よりも少し時間がかかりますが、積極的な下方修正はしていません。買い手が力を蓄えているので、価格は実際には横ばいで動いますが、全体的なバイアスはまだ下に向いています。最終的には、上方突破があり、値動きは積極的に上昇しています。  

今回の例をさらに詳しく見てみると、ミニブルフラッグを見つけることもできます。今回のフラッグのブレイクアウトは実際にミニパターンの旗竿であり、上側のトレンドラインを上回る水準での修正はフラッグに似ています(下のチャートを参照)。どちらも上昇トレンドの延長を促す強気のパターンです。  

Bullish-Flag-pic-3.jpg

どちらの場合も、強い形でブレイクアウトが起こります。小さなローソク足が続いた後、買い手が値動きの主導権を再び握り、上側のトレンドラインを上方突破し、ブルフラッグ・パターンが発動します。 

ブルフラッグ・パターンでの取引 

ブルフラッグ・パターンでの取引は、前段階であるフォーメーションの発見と描画が適切に行われていれば、非常に簡単なプロセスといえます。 

同じGBP/USDの日足チャートを使って、強気のフラッグで取引するための簡単なヒントを紹介します。上昇トレンドが一時的に休止した後、買い手が値動きの主導権を再び握ると、ブレイクアウトが起こります。  

エントリーは、ブレイクアウトした1時間足のローソクの終値で行うか、再び試すのを待つかのいずれかですが、ブレイクされたレジスタンスラインを再び試すために戻ってこない可能性もあるため、難しいところです。この例では、ブレイクアウトしたローソク足がフラッグのレジスタンスを上回る水準で引けた時点でエントリーします。

Bullish-Flag-pic-4.jpg
フラッグの内側に移動するような動きがあった場合は、このパターンは無効になります。一般的な取引ルールとしては、ボラティリティ(変動幅)の高い市場で相場が乱高下する状態から身を守るために、逆指値注文を出す際にはフラッグのレジスタンスラインの下に、ある程度のスペースを残しておくべきです。  

指値は、ブレイクアウトが発生したポイントから旗竿をコピー&ペーストするだけで測定できます。トレーダーの中には、ブレイクアウトの動きが最初に始まったトレンドラインをコピー&ペーストし、その開始点を使用することを好む人もいます。どちらでも構いませんが、弊社ではブレイクアウトした地点を使って旗竿をコピー&ペーストすることをお勧めしています。 

ペーストしたトレンドラインの終点は、利益確定を検討すべき価格ということを示しています。相場がその値に到達し、その後わずかに下方修正されたことから、ブルフラッグの指値注文が到達した可能性が高いことがわかります。  

全体として、約140pips(エントリーと逆指値の間の距離)のリスクを取って430pipsを稼いだことになり、リスク・リターン比率は非常に魅力的な1:3となりました。