初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

ブルペナントでの取引方法 

ブル(上昇)ペナント(ペナント=旗)は強気のコンティニュエーション(継続)パターンで、保ち合い期間が終わった後、上昇トレンドへの延長を示すものです。 

 

フラッグ のように2本の平行線の中で値動きが保ち合いとなるのではなく、ペナントでは2本の収束線を使ってブレイクアウトが起こるまでの間に、値動きが保ち合いとなります。  

下記の例でわかる通り、ペナントの取引はフラッグ の取引と非常に似たプロセスです。ここでは、ブルペナントとは何か、その構造や、長所と短所を見ていきます。その後、ブルペナントでの取引で利益を上げるための戦略もご紹介します。  

ブルペナントが教えてくれること 

ブルペナントは、強気のフラッグとよく似ています。どちらも2つの局面で構成されています。それは、強い上昇トレンドと保ち合い相場です。ペナントは細い二等辺三角形のような形で、ペナントの形のように徐々に高値と安値が近づき、最終的にトレンドの方向へ抜けていきます。 

 

上昇トレンドの中で起こる保ち合い局面でなければ通常のトライアングルに過ぎません。したがって、上昇の動きは旗竿に分類され、その上にペナントが来る形となります。  

 

短期的な上昇トレンドを確立した後、高値の下で保ち合い局面が始まりました。2本の収束線が高値と安値を結び、交差します。この例では、2本の線の範囲内で保ち合い局面が比較的長く続くブルフラッグとは異なり、すぐにブレイクアウトが起こります。 

 

 

ブルペナント - 図

 


フラッグと同様、ブルペナントも3つの要素で構成されています。   

 

旗竿 -上昇トレンドが発生している。 

ペナント - 2本の収束線の間で保ち合い局面となる。 
ブレイクアウト - 他保ち合いからレジスタンスラインをブレイクすることでパターンが有効になり、サポートラインのブレイクでパターンが無効となります。 


市場の動きは垂直方向に一直線に起こるものではないので、支配する側は戦術的にゲームを進め、攻撃の合間を縫って休憩を取らなければなりません。そのため、買い方は最近の利益を固めて、小さな下方修正を許容したいと考えています。一時的な小休止の後、価格は爆発的にブレイクアウトする傾向があります。  

ブルフラッグと同様、保ち合い局面では、先に上昇した足(旗竿)の50%フィボナッチ・リトレースメント を超えてはいけません。50%を下回る水準で生じたプルバックは、上昇トレンドがそれほど強くないことを示しています。したがって、強いブルペナントは、38.2%付近で修正を終了した後、上側のトレンドラインをブレイクします。

いつでもどこでも取引ができる

長所と短所

強気のペナントは、既存の上昇トレンドがさらに伸びるのを助長する傾向があるため、コンティニュエーション・パターンと言えます。要するに、ペナントはトレーダーが現在のトレンドの段階を特定するのに役立ちます。ペナントは、2本の収束線と旗竿によって取引レベルが正確に定義されているため、取引が非常に簡単です。 

 

旗竿、ペナント、ブレイクアウトの3つの条件をすべて満たすフォーメーションで、38.2%程度の修正で終わるものは、強気のペナントパターンです。修正期間が短く、穏やかであればあるほど、上昇トレンドは強くなり、最終的にブレイクアウトが発生しやすいといわれています。  

 

ペナントはフラッグと同じ弱点を持っており、長期にわたる保ち合い局面ではリバーサル(反転)パターンになることがあります。このため、ブレイクアウトが発生する前には取引を開始せず、ブレイクアウトを確認する際には必ず他のテクニカル指標も参考にすることが重要です。 

ブルペナント・パターンを見つける 

コンティニュエーション・パターンであるブルペナントを見つけるには、まず上昇トレンドを見極めることが重要です。もし、ペナントの形をしていたら、ブレイクアウトを確認後、すぐに市場に参入できるよう準備しておく必要があります。  

 

下のEUR/USDの1時間足チャートで一例を見てみましょう。短期的な上昇トレンドの後、値動きは穏やかに下方修正し始めます。この修正の形が三角形であることがわかります

 

ブルペナントを見つける

 

これは強気のペナント・チャート・フォーメーションです。上昇トレンドが強いため、一時的な小休止はむしろ短く、強気筋は自信に満ち溢れており、トレンドをさらに伸ばしたいと考えています。 

 

保ち合い相場が始まってからわずか数時間後に、強力な強気のローソク足で上側のラインを実際にして終了しました。 

デモ口座でご体験ください

ブルペナントでの取引 

先ほど、トレーダーはブレイクアウトが起こるのを待ってからロングトレード(買い)に入るようお勧めしました。これは、保ち合いの後、トレンドが継続しない場合、トレンドの方向性が変わってしまう可能性があるため、反転の可能性から身を守るためです。したがって、ペナントチャートのパターンも、ブレイクアウトが起こるまでは静観しておくのが良いでしょう。 

 

ブルペナントでの取引

 

すべてのローソク足チャートパターンと同様に、エントリーには2つの選択肢があります。ブレイクアウトしたローソク足がペナントの上側のラインよりも上で引けたら(つまり終値が確定したら)すぐに取引を開始することができます。一方、ブレイクされたペナントを再び試すようなスローバックを待つという選択肢もあります。  

 

後者は、エントリーが低価格で行われ、逆指値がエントリーに非常に近いため、リスクが非常に小さく、リスク・リターン比率が大きくなっています。前者は、スローバックが発生するとは限らないため、取引機会を逃さないように設定しています。  

 

上のEUR/USDチャートを見ると、スローバックは起こりませんでした。これは、最初の上昇トレンドの強さを考えると想定しやすいでしょう。実際、1時間足チャートで10本の連続した強気のローソクを記録しました。  

 

最初の選択肢の方がより確実なので、ここではそちらを選択することとします。エントリーはブレイクアウトが終わったときの価格で行い、逆指値はブレイクアウトのローソクとウェッジのすぐ下に設定します。一般的に、逆指値は上側のレジスタンスラインの下に置かれますが、今回のケースではブレイクアウトが起こったときに、2本のトレンドラインがほぼ交差していたため、トライアングルが非常に狭くなっています。  

 

指値は、ブレイクアウトのポイント(斜めのトレンドライン)から旗竿をコピー&ペーストして特定します。トレンドラインの終点は、ブルペナント・パターンが完成する水準を示唆しています。取引を開始してから数時間後、指値注文が有効になりました。30pipsのリスクを負い、120pipsの利益を得て取引を完了したため、リスク・リターン比率は1:4と驚異的な水準となりました。 

Any opinions, news, research, analyses, prices or other information contained on this website is provided as general market commentary and does not constitute investment advice. ThinkMarkets will not accept liability for any loss or damage including, without limitation, to any loss of profit which may arise directly or indirectly from use of or reliance on such information.
Back to top