初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

ダブルボトムとは? 

ダブルボトムは、下降トレンドの底で発生する強気のリバーサル・パターンで、これまでの値動きを支配していた売り方が勢いを失っていることを示すシグナルです。このパターンは、二股に分かれた安値と、トレンドの方向性 が下降トレンドから上昇トレンドに変化することから、「W」の文字に似ています。 

ここでは、ダブルボトムを簡単に識別する方法、そしてこのチャートパターンを使って利益を上げる方法を、簡単な取引戦略を使って説明します。 

ダブルボトムの構造 

ダブルボトムは、下降トレンドの終わりに発生します。値動きが下降し、ロウワー・ハイとロウワー・ローを記録した後、価格が上昇して反発し、再び下降して前回の安値に達します。 

テクニカル分析の基本的なルール によると、2回叩き出された安値はサポートラインになるため、売り手が前回の安値を下回るような新しい安値を記録することができなかったこととなり、買い手に価格を押し上げるチャンスが与えられます。その結果、「W」の文字に似た2つの安値、つまり2つのボトムができあがるのです。  

 

ダブルボトム - 図

 

一方、最初のボトムに続くリバウンドの最高点が、このパターンのトリガーになると考えられています。リバウンドの最高点には水平線が引かれ、これを「ネックライン」と呼びます。 

 

全く同じ価格で2つの底値を取ることはほとんど不可能であることを考えると、この2つの底値が同じような価格であれば、パターンの検証としては十分であると考えられます。  

 

このパターンは、下降トレンドで始まり、上昇トレンドで終わるため、ダブルボトムは強気のリバーサル・パターンと考えられます。このパターンは、値動きがネックラインを上抜けすると有効になります。そうなると、値動きは、ロウワー・ローとロウワー・ハイを記録する状態から、ハイヤー・ローとハイヤー・ハイを記録する状態(上昇トレンド開始)へと移行します。 

 

一般的に、2つの連続したボトムができるまでの期間が短いものは、一概に信頼すべきではないと考えられています。それは、下降トレンドが非常に強いことを意味しており、弱気のトレンド が継続する可能性が高いからです。このような理由から、ダブルボトムを信頼できるのは、2つの安値の間に一定の時間があるパターンのときです。 

いつでもどこでも取引ができる

長所と短所 

ダブルボトムは、最も強力なリバーサル・パターンの1つです。2つのボトムで構成されているため、あまり一般的なパターンではありません。しかし、一度このパターンを見つけると、トレンドの方向性の変化を予測する上では非常に効果的です。  

 

このパターンの最大の長所は、明確に定義されたレベルで勝負できることです。ネックラインはリスクを示すものであり、パターンが有効になったときの指値(テイクプロフィット を決定するのに役立ちます。そのため、ダブルボトムを正しく描くことは非常に重要です。 

 

ダブルボトムの重要な短所は、逆張りの戦略であるという点です。全体的なトレンドは弱気であるのに、「ロング」取引を行うということを忘れてはいけません。したがって、リスクは市場が同じ方向に動き続けることです。そのため、市場に参入する前に、他のテクニカル指標と照らし合わせて、裏付けとなる要因を見つけることが重要です。 

ダブルボトムを見つける 

先に述べたように、ダブルボトムを識別して描くことは非常に重要です。下のUSD/CADの1時間足チャートでは、同ペアが下降した後、水平方向のサポートラインを下抜けするのに苦労し、弱気のシナリオをさらに拡大させました。  

 

しかし、強気の姿勢で抵抗し、ついにネックラインを上抜けて、それまでの損失をすべて帳消しにし、利益を記録しました。1.30ドルのハンドル付近には、ほぼ同じ価格の2つの安値があります。一方、反発の過程で2つのほぼ同じ価格の高値を形成したため、ここでレジスタンスラインを引くチャンスが訪れました

 

ダブルボトムを見つける

 

また、多くのトレーダーが、パターンが有効になる前に「買い」の取引に入ってしまうというミスを犯していることにも注目してください。ダブルボトムは、どんなに完璧に見えても、買い手がネックラインを破り、それを上回る終値を確定して初めて有効になります。 

デモ口座でご体験ください

ダブルボトムでの取引 

ここでは、同じ例を使って、ダブルボトムの取引方法を紹介します。この例では、失敗したブレイクアウトがどのように機能するかということについても大きなヒントが得られます。下のチャートでわかるように、値動きが2つ目のボトムを形成するとすぐに、価格は急上昇し、過去2回、高値を記録したレベルを超えました。 

 

ダブルボトムでの取引

 

しかし、このブレイクアウトは失敗に終わり、価格はすぐにネックラインの下に戻ってしまいました。このことは、取引において忍耐がいかに重要であるかを示しています。さらに、市場に参入する前に、ネックラインを上抜けるのを待つということも重要だとわかります。  

 

ブレイクアウトに失敗すると、通常、最初の上昇を達成できなかった買い手を罰するかのごとく、急激な下落が生じます。今回はまさにそのようになりました。しかし、買い手は下値で体勢を立て直し、再び強く上昇し、最終的に1.31ドルのハンドル付近のネックラインを上抜けしました。  

 

したがって、エントリーは1.3110ドルです。これは、米ドル/カナダドルが初めてネックラインの上抜けした水準です。逆指値(ストップロス)は、ネックラインの下に設定すべきで、フォローアップなしにサポートラインまたはレジスタンスラインを素早く突き抜ける「失敗したブレイクアウト」と似たような動きをした場合に備えて、ある程度の余裕を持たせる必要があります。  

 

逆指値の正確なレベルはあなたのリスク許容度によりますが、ネックラインから15~30pips下の領域が一般的です。ネックラインの下に移動して引けた場合には、いったん有効になったダブルボトムが無効になります。  

 

指値(テイクプロフィット)は、ヘッド&ショルダーと同じ方法で計算します。つまり、サポートラインとなっているトレンドライン(ダブルボトム)とネックラインの距離を測定します。次に、ブレイクアウトが発生したポイントから同じトレンドラインをコピー&ペーストし、そのトレンドラインの終点を指値とします。今回のケースでは、トレンドラインの終点は1.3180ドルとなります。 

 

最終的には、数日後に指値注文がヒットし、約70pipsの利益を得ることができました。あなたのリスク許容度と逆指値の位置にもよりますが、15~30pipsのリスクで70pipsを獲得したことになり、素晴らしいリスク・リターン比率となりました。 

Any opinions, news, research, analyses, prices or other information contained on this website is provided as general market commentary and does not constitute investment advice. ThinkMarkets will not accept liability for any loss or damage including, without limitation, to any loss of profit which may arise directly or indirectly from use of or reliance on such information.
Back to top