下降ウェッジとは?

下降ウェッジは強気のパターンです。上昇ウェッジと合わせて、トレンドの方向性の変化を知らせる強力なパターンとなります。一般的には、下降ウェッジ・パターンはリバーサル・パターンと考えられますが、同じトレンドの継続を促す例もあります。  

ここでは、アプローチ方法について説明します。上昇ウェッジについては、別のページでご紹介します。 
 

下降ウェッジはどこで発生するのか? 

下降ウェッジは、資産価格が全体的に強気のトレンドで動いている際、値動きが下方修正されるときに発生します。この下降局面では、2本の収束するトレンドラインが描かれます。値動きが上側のトレンドライン(ウェッジのレジスタンスライン)を突き抜けたときに、保ち合い局面が終了します。 Falling-wedge-JP-1-transalted.png

下降ウェッジの主な特徴の1つは、チャネルが収束するにつれて出来高が減少することです。チャネル内でエネルギーが集約されると、買い手はバランスを有利に変え、価格を上昇させることができます。 

つまり、下落ウェッジの3つの重要な特徴は下記の通りです。 

  • 値動きは、一時的に下降トレンド(ロウワー・ハイとロウワー・ロー)で取引されます。 
  • 2本のトレンドライン(上側と下側)が収束しています。 
  • チャンネルが進むにつれ、出来高が減少していくのが特徴です。 

最初の2つの要素は、下降ウェッジに必須の特徴であり、出来高の減少の発生は、このパターンに追加的な正当性と妥当性を持たせるために役立ちます。  
 

下降ウェッジを見つける 

一般的に、下降ウェッジは上昇トレンドの中盤で生じます。価格は上昇していますが、買い手は一時的に勢いを失い、弱気筋が一時的に価格をコントロールしている状態です。 

第2段階は、保ち合い局面が始まるときで、これは値動きをより低くします。その際は、下降チャネルと下降ウェッジの違いに注意することが重要です。下降チャネルでは、一連のロウワー・ハイとロウワー・ローが形成されますが、下降ウェッジでは、ロウワー・ハイが見られるものの、安値についてはハイヤー・ローが観察されます。そのため、2本のトレンドラインは平行ではありません。  Falling-wedge-image-2.jpg

上のチャートでは、日足チャートのEUR/USDを見ています。値動きは上昇トレンドにあり、上昇して短期的な安値を更新しています。その後、このペアの価格は下降に転じます。すなわち、買い手がこの時間を利用して体勢を立て直し、再度の上昇に備えるため、保ち合い局面が始まります。  

並行して、出来高が減少していることがわかります。ブレイクアウトが起こる直前に、2本のトレンドラインが接近すると、買い手はウェッジを強制的にブレイクアウトさせ、急上昇して新安値を形成します。ブレイクアウトと同時に出来高が急増します。  
 

下降ウェッジが教えてくれること 

下降ウェッジは、下降を促した保ち合い局面の終わりを告げるテクニカルフォーメーションです。先に述べたように、下降ウェッジはリバーサル・パターンにもコンティニュエーション・パターンにもなり得ます。本質的には、継続も反転も、両方のシナリオとも本質的には強気です。 

また、下降ウェッジは「嵐の前の静けさ」と捉えることができます。保ち合い局面では、買い手が体勢を立て直し、新たな買い意欲を呼び起こし、それを利用して弱気筋を打ち負かし、値動きをさらに上に押し上げることになります。  

したがって、下降ウェッジは重要なテクニカルフォーメーションであり、資産価格がウェッジを抜けて上昇に転じたことで保ち合いが終了したことを知らせ、ほとんどの場合、全体的なトレンドが継続します。  
 

下降ウェッジでの取引 

次に、同じ例をよりテクニカルな取引の観点から見てみましょう。すべての条件を満たす下降ウェッジを発見したら、取引の主な要素であるエントリー、逆指値(ストップロス)、指値(テイクプロフィット)、そしてこの取引機会に関連する全体的なリスクに焦点を当て始めます。  

この段階では、出来高の数字に注目することが非常に重要です。出来高の減少傾向が続いているということは、プルバックにもかかわらず主導権を握っている買い手が、まだ多くの資金を投入していないことを意味しています。  Falling-wedge-image-3.jpg

ウェッジを上方突破するには、日足の終値がウェッジを上回っていることを確認する必要がありますが、まさにその通りになりました。この時点で、2つのチャンスがあります。  

  • 引けたらすぐに取引を開始する。 
  • ブレイクしたレジスタンスラインを再び試すために、値動きの潜在的なプルバックを待つ。 

1つ目のオプションは、プルバックが発生するかどうかの保証がないため、より安全です。一方、2つ目のオプションは、より良い価格でエントリーすることができます。このケースでは、1つ目のオプションを選択します。 

逆指値注文はウェッジの内側、上側のラインの近くに置くべきです。ウェッジの領域内で引けた場合、このパターンは無効になります。今回のケースでは、プルバックが発生し、ウェッジのレジスタンスライン上で引けた後、結局、翌日に上昇したことがわかります。 

最後に、このパターンが形成されたときの2本の収束線の間の距離を測定して計算し、指値注文を設定する必要があります。この方法により、緑の垂直線が得られ、これをブレイクアウトが発生したポイントに加えます。このように、トレンドラインのもう一方の端が、正確な指値水準を教えてくれるのです。  

上のチャートでの取引の詳細は、以下の通りです。エントリー-1.1815ドル、逆指値-1.1735ドル、指値-1.1965ドルです。つまり、80pipsのリスクを負って150pipsの利益を得ていることになり、リスク・リターン比率はほぼ1:2です。取引を開始してから1週間後、指値注文がヒットし、150pipsの利益を得ることができました。