ThinkMarkets > 指標とパターン > 一般的なパターン > 三川明けの明星と三川宵の明星

三川明けの明星と三川宵の明星

日本のローソク足をベースにしたパターンは100種類以上あると言われています。私たちはそれらを、強気と弱気、反転と継続、単純なものと複雑なものなど、さまざまなカテゴリーに分けています。 

三川明けの明星と三川宵の明星のローソク足パターンは、どちらも3本の連続したローソク足に基づいているため、より複雑なフォーメーションと考えられています。そのため、他のパターン、特に1本のローソク足に比べて、発生する頻度は低くなります。
  

構造

三川明けの明星は、下降トレンドの底で発生する強気のリバーサル・パターンです。他のローソク足パターンと同様、このパターンは反転の可能性を示唆するだけであり、理想は他の指標と合わせて確認すべきです。 

三川明けの明星の形成に必要な4つの要素 

  • 1. 明けの明星は強気のリバーサル・パターンなので、下降トレンドが発生している必要があります。 

  • 2. 最初のローソク足は弱気のローソク足であるべきで、できるだけ長い方が良いです。 

  • 3. 2本目のローソク足は、セッション中に強気筋と弱気筋がバランスを取り始めるため、優柔不断になるはずです。 

  • 4. 3本目のローソク足は強い強気のローソク足となり、実質的に反転を確認していることになります。 Morning-and-evening-star-pattersn-JP-1-translated.png

アナリストの中にはギャップダウンを好む人もいますが、FXではギャップがあることは極めて稀です。したがって、多くのアナリストは、この4つの条件が満たされていれば、有効な三川明けの明星パターンであると主張しています。  

ここで重要なのは、2本目のローソク足です。どちらが上に来るかという優柔不断で不確実な結果に焦点を当てているので、弱気にも強気にもなります。  
 

三川宵の明星の形成 

一方、宵の明星は同じ構造を持ち、リバーサル・パターンでもあります。明けの明星とは異なり、宵の明星は上昇トレンドの頂点で発生し、価格の方向性が変わる可能性を示します。
Morning-and-evening-star-pattersn-JP-2-transalted.png
明けの明星の構造にある4つの条件は、ここでも有効です。上昇トレンドの終盤では、1本目のローソク足が長く強気であり、2本目が頂点に達して優柔不断のシグナル(緑か赤)となり、3本目の最後のローソク足は、買い手が値動きをコントロールできなくなり、反転が始まるシグナルとなります。  
 

三川明けの明星での取引 

前述したように、三川明けの明星は1本のローソク足ほど頻繁に出現するものではありません。また、4つの条件が揃わないと確認できないため、発見が難しいのも事実です。  

このケースでは、AUD/USDの日足チャートを使います。価格は、新しい短期的な安値を付ける時点まで、下降していました。このローソク足の前には、強い下降トレンドを示す長い弱気のローソク足があります。 
trading-an-evening-star-pic-3_2.jpg

しかし、売り方がセッションの安値付近で引けることができず、価格は反発して高くなり、買い方と売り方の間の優柔不断さを示す同時線のローソク足を形成しています。次のローソク足は強気の長いローソク足で、三川明けの明星パターンを形成しています。これで、強気の反転が始まることがほぼ確実になりました。