赤三兵と黒三兵

赤三兵と黒三兵のローソク足パターン 

赤三兵(三人の白い兵士)と黒三兵(三羽の黒い烏)のローソク足パターンは、トレンドの方向性が変わることを予測するリバーサル(反転)パターンです。どちらのパターンも3本の連続したローソク足で構成されているため、他のローソク足パターン に比べて頻度が低いのが特徴です。

この2つのフォーメーションは、強い上昇トレンドや下降トレンドの後に現れたときにのみ有効であり、市場が乱高下しているときにはその効率が低下することに注意する必要があります。 
 

これらのパターンを見分ける方法 

赤三兵(三人の白い兵士)とは、強い下降トレンドの中で発生する強気のリバーサル・パターンで、方向転換を知らせるものです。このフォーメーションは、3本の連続した強気のローソク足で構成され、それぞれが前のローソク足よりも高い値で引けます。  

このパターンは3本のローソク足で構成されているため、このパターンが作られた背景にはかなりの強気の力があり、このパターンだけで反転が起こっていることを確認することができます。下の図に見られるように、赤三兵(三人の白い兵士)は、通常、短期的な新安値を記録して終わる強い下降トレンドの後に現れます。  

Three-White-Soldiers-JP-1-transalted.png
 

赤三兵(三人の白い兵士)の反対のパターンを黒三兵(三羽の黒い烏)といいます。これは弱気のリバーサル・パターンで、現在の上昇トレンドの頂点付近で発生し、反転シグナルを発生させます。強気のフォーメーションと同様、黒三兵(三羽の黒い烏)は3本の連続した弱気のローソク足で構成されており、長い実体を持つのが理想的です。それぞれのローソク足がさらに下押しされるにしたがって、値動きは低下していきます。
 

なぜ、この2つのパターンに注目するのか? 

リバーサル・パターンの仲間である赤三兵(三人の白い兵士)と黒三兵(三羽の黒い烏)は強力なパターンです。どちらかの方向に強いトレンドが発生した後、もう一方の方向が勝負に出て自信をつけたことで、ついに反転を許すというかたちとなっています。 

ローソク足は、トレンドが変化していることを示すだけでなく、値動きの方向性が変化していることを確認するものでもあります。それは、このフォーメーションが3本のローソクで構成されているためです。  

この点は、他のリバーサル・パターンと比較した場合のこの2つのパターンの利点です。一方、明らかな弱点は、3本のローソク足が直近の安値または高値から遠く離れた水準に値動きを持って行ってしまうため、リスク許容度の観点から取引が難しくなる点です。 
 

赤三兵(三人の白い兵士)での取引方法 

前述の通り、赤三兵(三人の白い兵士)が3本の連続したローソク足で構成されていることから、このパターンは他のリバーサル・パターンに比べて発生頻度が低くなっています。下記のように、EUR/USDペアは、きれいな下降トレンドで取引されています。  

ある時点で、値動きは同じトレンドを継続することを躊躇しており、この機会を利用して、強気派は値を押し上げることができました。ご覧のように、3本の強い強気のローソク足が値動きを上昇させ、最終的に強い反転を生み出しています。 

Trading-chart-picture-2.jpg

この例では、赤三兵(三人の白い兵士)が力と決意で弱気派を完全に圧倒しています。また、弱気派が強い下降トレンドの中で大きな利益を得ていたことを考えると、強い反転があっても不思議ではありません。 
 

黒三兵(三羽の黒い烏)での取引方法 

黒三兵(三羽の黒い烏)のローソク足の仕組みと、その取引方法を詳しく見ていきましょう。 

下のチャートでは、チャートの左半分で米ドル/円が横ばいで取引されているのがわかります。この値動きは突然高値を更新し、短期的な高値を形成しました。しかし、2本の強い強気のローソク足にもかかわらず、強気派はポジティブなモメンタムを維持することができません。  

弱気派はこのチャンスを利用して、弱気なローソクを3本連続で作成し、トレンドの方向性を変更させています。その後、強気派は最初の強気の勢いに乗れず、強い下降局面に入ります。Trading-chart-picture-3.jpg

ここでのエントリーは、3本目のローソク足が引けた水準にあります。逆指値は直近の高値よりも上に設定されており、このトレードでは200pips以上のリスクを負うことになることを考えると、このセットアップでの取引は困難です。  

ここでも、リスク許容度の問題がこのパターンの最大の弱点となっています。エントリーと逆指値の間の距離は、このケースのように200pipsよりも大きい場合があります。したがって、このセットアップを機能させるためには、指値に少なくとも300pipsは必要です。

逆指値(ストップロス)が広いため難易度は高いものの、値動きが反転する可能性が高いため、主な弱点を部分的に相殺しています。一方で、リスクは大きくなりますが、反転がほぼ確定していることで、取引にコミットしやすくなっています。   

指値注文の水準を特定するためには、週足チャートを見て、過去に重要な役割を果たした水準を確認する必要があります。そうすると、104.70ドルから105.00ドルのエリアが米ドル/円にとって歴史的に重要であったことがわかります。したがって、このレベルが磁石として機能し、値動きを引き寄せることができると考えられます。  

一般的には、重要なデータポイントを導き出すために、他のあらゆるテクニカル分析ツールを使用することができます。フィボナッチ・リトレースメント であろうと、エクステンションであろうと、トレンドラインであろうと、移動平均線であろうと、その特定の水準が重要であるという経験的な証拠があれば問題ありません。  

最終的にここでのエントリー水準は110.20ドル、逆指値は直近の高値である112.40ドル付近に設定し、指値注文は105.00ドルに設定しました。このように、500pips以上の利益を得るために約220pipsのリスクを負うことになりますが、これは非常に魅力的なリスク・リターン比になっています。