フラクタルとは?

フラクタルとは、市場全体の大きな値動きの中の転換点(反転ポイント)のことです。ビル・ウィリアムズのフラクタルは、単独でも、いくつかの他の指標と組み合わせても使えます。
 
フラクタルを形成するためには、少なくとも5本のローソク足が必要です。
真ん中のローソクが最も高く、4番目と5番目のローソクが低くなっている5本の連続したローソク足が必要になります。もちろん逆の場合もあり、5本のローソク足のうち真ん中のローソク足 がグループの中で最も低い位置にあり、それより高いローソク足がいくつか続いている場合にもフラクタルを得ることができます。
 
フラクタルを中心とした5本のローソク足は、真ん中のローソク足がその中で最高値または最安値になります。これは、市場が上か下にブレイクしようとしたが、ブレイクできなかったことを示しています。

Bill-Williams-1.png


フラクタル指標を使った取引

この指標をチャートに表示すると、フラクタルが形成されたときに矢印のようなマークが表示されます。フラクタルが出現したら、相場が反転し、フラクタルに合致する方向に向かうのではなく、フラクタルに逆らう方向に向かいます。それはとても理にかなったことですが、以前の反転領域が突破されたのであれば、それは明らかに市場がどちらかの方向に力強さを示していることになります。
 
例えば、ローソク足を上回る水準にフラクタルが形成された場合、その後、相場が反転してその水準を上回れば、ある程度の抵抗を突破したことになります。前回価格が反転を起こした場所なので、なおさらです。もちろん、安値で跳ね返されて形成されたフラクタルについても同じことが言えます。もし市場がそこを下に抜けたら、明らかに弱気の圧力が強まったことになります。
 
これを簡単に説明するために、下のチャートを見てみましょう。このチャートにはいくつかの青い矢印が表示されていますが、そのうちの1本はチャート上に印刷されたフラクタルを指しており、もう1本の青い矢印はそのフラクタルを上方突破したローソク足を指しています。これは典型的なフラクタルが示す強気のシグナルです。考えてみると、最近の高値である5本のローソク足を上方突破したことで、強さが拡大したことを示しているというのは、非常に理にかなっています。

トリガーとなるセットアップ

なお、トレンドラインを見つけるために、フラクタルを使う人もいます。つまり、平均的なトレンドラインは、単純に高値と安値を探して、上昇か下降のどちらかに向かってつなげるものですが、フラクタルをつなげてトレンドラインを引くトレーダーもいるのです。
 
フラクタルが5本のローソク足のうち最も高い(低い)位置にあることに基づくと、フラクタルの矢印をつなぐことは、市場が注目しているエリアをつなげることになります。
 
下のチャートを見ると、EUR/JPYペアが下降中にいくつかのフラクタルを形成していることがわかります。ローソク足をフラクタルの矢印で結ぶと、市場が注目していると思われる整然としたトレンドラインが形成されます。重要な反転レベルに基づいたトレンドラインを探しているなら、この指標は非常に便利です。

フラクタルを使ったトレンドラインの描画

フラクタルのもう1つの一般的な使い方は、トレンドを確認することです。例えば、市場が強い上昇トレンドにある場合、下降局面よりも上昇局面でフラクタルを突破することが多くなります。また、前のフラクタルを突破できない場合は、市場が保ち合い状態にある、すなわちトレンドを変える準備をしていることを示唆しています。問題は、市場が反転して反対方向のフラクタルを突破するかどうかです。その場合はその時点で、トレンドが転回する可能性が高いからです。
 
下のEUR/JPYのチャートを見てみましょう。市場は非常に細かな動きで上昇しており、ご覧のようにフラクタルがかなり立て込んできました。上昇トレンドラインが下方突破されているのがわかりますが、このときの状況に注目してみましょう。下側にある3つのフラクタルは上昇を続けており、短期的なトレンドを定義するためにここに上昇トレンドラインを引くことができます。
 
上側にある最初のフラクタルの後に、高めのフラクタルが現われたことに注目してください。このフラクタルを上抜けすることができず、全体的なトレンドを継続できなかったことが、反転の最初の兆候でした。そして、保ち合い局面はあったものの、市場は上昇トレンドラインを下方突破し、そのトレンドラインを抜けた最初のローソク足では、トレンドライン上に最後のフラクタルを形成した弱気のフラクタルまで抜けてしまいました。つまり、この時点では売りを考える理由がいくつかあったのです。ご覧のように、その後、市場はかなり大きくブレイクダウンしました。

フラクタルによるトレンドラインのブレイク


フラクタルと移動平均線の併用

フラクタルを使用する最も簡単な方法は、移動平均線と一緒に使うことです。それにより、基本的にトレンドと同じ側にいることができるため、結果的にあまりトラブルにならずに済みます。例えば、トレンドの反対方向にフラクタルが形成された場合、少なくとも移動平均線がその方向に行くべきだと教えてくれるまでは、単純に無視することができます。
 
日足チャートで、50日指数移動平均線が上向きになっている場合、強気のフラクタルが突破されようとしていると考えられます。なぜなら、フラクタルがその方向を示しているだけでなく、長期トレーダーもその動きに乗じて取引に留まろうとしているためです。そのため、この時点でその取引に参加する理由があります。
 
下のチャートは、日足チャートにフラクタルが描かれており、50日指数移動平均線も同時に表示されています。チャートの後半の移動平均線を見ると、チャートは上昇傾向にあります。ご覧のように、いくつかの赤いボックスがありますが、これは上向きの動きの中で形成された弱気のフラクタルを表示したものです。
 
正確に言えば、これらのフラクタルが下方突破されれば1つのシグナルとなります。2つ目のボックスには弱気のフラクタルが並んでいますが、これらはわずかに突破されています。しかし、50日指数平滑移動平均線(EMA)がまだわずかに上昇していることに注目すれば、こうした厄介な取引から逃れることができます。
 
これが、多くの誤ったシグナルを避けるために、いくつかの指標を組み合わせる方法の1つです。これは、短い時間枠でこの指標を使って取引する場合には、特に重要になります。

Bill-Williams-2.png


より大きなシステムの一部としてのフラクタル

なお、フラクタルは、ビル・ウィリアムズが構築したより大きなトレーディング・システムの中の一部です。彼は取引するために、同じく彼が設計したアリゲーターを使用しています。アリゲーターは、平滑化された3本の移動平均線を特徴としていますが、基本的にはシンプルな3本の移動平均線システムです。この指標には、平滑化された13、8、5期間の単純移動平均線が使用されており、指標が広がるにつれて、全体的に強いトレンドを示します。
 
ビル・ウィリアムズは、この2つの指標を併用して取引する方法として、以下のような方法を提案しています。

  • 13期間移動平均線である青色の「歯」で取引する。
  • 移動平均線同士が互いに離れるように広がっている必要がある。
  • 買いフラクタルが「歯」よりも上の水準にあれば、それよりも少し上方にペンディングの買い注文を設定する。
  • 買いフラクタルが「歯」よりも下の水準にあれば、それを無視する。
  • 売りフラクタルが「歯」よりも下の水準にあれば、そのすぐ下方にペンディング注文を設定する。
  • 売りフラクタルが「歯」よりも上の水準にあれば、それを無視する。

 
下のチャートを見てみましょう。ついに上方突破されたフラクタルがあり、それが買い注文開始のシグナルだったことがわかります。同時に、ワニが移動平均線同士の幅を広げて上昇していたこともわかります。これは、ビル・ウィリアムズがこのペアを使用して、どのように取引したかを示す典型的な例です。ブレイクアウト時に、青い矢印と青いラインに基づいてセットアップされているのがわかります。

Bill-Williams-3.png