初めての方へ
 
キャンペーン

10年の経験と専門知識で、最高のFX取引を実現します。

詳細はこちら
FX取引

世界で取引されている為替市場において、業界最狭水準のスプレッドで取引機会を見出してください。

詳細はこちら
取引要綱

ThinkTraderの取引ルールをご確認ください。

詳細はこちら
FX通貨ペア一覧

取引可能な通貨ペアと取引単位、上限などご確認ください。

詳細はこちら
信託保全

ThinkMarketsの信託保全について

詳細はこちら
初めての方へ

最短当日で口座開設可能。ThinkMarketsでFX取引。

詳細はこちら
ThinkTrader
 
ThinkTrader

取引の決定権はあなたにあります。いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

詳細はこちら
ThinkTrader

いつでもどこでも取引ができるThinkTraderアプリをご活用ください

口座開設はこちら
取引を学ぶ
 
FXの取引方法

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのガイドです。

詳細はこちら
トレーディング 用語集

取引用語の意味が分かりませんか?答えを見つけるには、以下を検索してください。

詳細はこちら
取引を学ぶ

外国為替取引を始めるためのステップバイステップのご案内

口座開設はこちら
市場情報
 
経済指標カレンダー

各国で発表される重要な経済指標等はこのページに掲載しております。発表次第、更新されますので、ぜひご確認ください。

詳細はこちら
市場情報

市場の状況を把握しながら取引ができます。

口座開設はこちら
会社概要
 
Liverpool FC スポンサー

金融市場のグローバルプレイヤーであるThinkMarketsは、リバプールFCとのパートナーシップを誇りに思っています。

詳細はこちら
当社について

大手オンライン外国為替プロバイダーとの取引

詳細はこちら
ご挨拶

代表取締役CEO 小池 一弘から皆さまへのご挨拶

詳細はこちら
お知らせ

このページではお客様へ大事なお知らせやサービスに関するお知らせを掲載いたしますので、定期的にThinkMarketsニュースをご確認ください。

詳細はこちら
お問い合わせ

サポートチームにてお客様のサポートをさせて頂きます。 以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

詳細はこちら
各種規程等

全ての規程・規則を確認

詳細はこちら
開示情報

金融商品取引業に関する開示事項

詳細はこちら
会社概要

グローバルな環境をお手元に

口座開設はこちら
口座開設

MFI(マネーフロー指数)は? 

資産に対する需要を調べるためには、市場に出入りする資金の流れを把握する必要があります。 

 

MFI(マネーフロー指数)は、需要と供給を測定するために使用される指標で、これは通常、市場の方向性を判断する最も簡単な方法です。 

 

なお、指標は当初、株式市場での使用を想定して設計されたものであり、外為市場は中央集権的な市場ではないため、多くのトレーダーが株式で使用していたオリジナルのシナリオとは異なる場合もあります。 

 

大前提として、ある通貨の需要が高くても供給が限られていれば、入札が増えて価格は上昇します。これは他の入札プロセスと同じで、あるものを所有したい人が多ければ、人々はお互いに競り落とそうとします。 

 

もちろん、その逆もあります。需要が減れば、売り手は買い手を引きつけるために価格を下げなければなりません。これらの力が市場にどのように作用するかを見る方法として、MFIがよく知られています。 

計算方法  

この指標は、いくつかの異なる数式を用いて、市場の準備が整っているかどうかを判断します。 

 

この式では、対象期間の高値、安値、終値の平均値で計算を行い、「ティピカル・プライス(TP)」を求めます。 

 

数学的な表記では 

                     TP=(H+L+C)/3 

 

つまり、「ティピカル・プライス」は、高値、安値、終値を3で割ったものに等しいということになります。 

 

次の計算では、マネーフローと呼ばれる部分を考慮します。 

 

これは、ティピカル・プライスを算出し、それにボリュームを掛けたものです。非中央集権的な市場では、出来高を正確に知る方法はありませんが、出来高を使うことで、より大きな市場の姿をある程度公正に予測することができます。 

 

マネーフローの計算式は 

                    MF=TP×V 

 

つまり、「マネーフロー」は「ティピカル・プライス」に「ボリューム」を掛けたものに等しくなります。 

 

次の計算部分では、指標が設定されている期間の数に対するプラスとマイナスのフローを見ます(マネーレシオと呼ばれます)。 

 

この指標では、ポジティブなマネーフローは、ティピカル・プライスが前のローソク足よりも高いローソク足としています。 

 

逆にネガティブなマネーフローは、前のローソク足よりもティピカル・プライスが低いローソク足になります。 

 

指標となるポジティブなマネーフローを求めるためには、対象となる期間におけるポジティブなマネーフローの合計を加算するという計算になります。 

 

また、その指標のネガティブ・マネーフローを求めるためには、同じ時間軸でのネガティブ・マネーフローの合計を加算するという計算になります。 

 

方程式は次の通りです。 

                    MR=プラスのお金の流れ/マイナスのお金の流れ 

 

最後に、以下の数式を用いて、すべてをインデックスに変換します。 

  

                    MFI = 100 - 100 / (1 + MR) 

 

つまり、MFIは、マネーフロー合計に対する、ある資産へのプラスのマネーフローの比率です。 

 

デフォルトの期間は14期間です。つまり、日足チャートを見ている場合、マネーフロー指数は過去14日間の値を表示します。時間足チャートを見ている場合は、過去14時間の値を示します。 

いつでもどこでも取引ができる

マネーフロー指標の取り付け方  

この指標は、プラットフォームの下部にある専用のウィンドウに表示されます。
チャート上のMFI
専用ウィンドウに表示されたら、MFIを使って取引のチャンスを探しましょう。 

MFIの使い方  

MFIは、市場の買われすぎや売られすぎの状態を示すのに使われます。指標では、20と80の破線で示された2つのレベルがあり、絶対的な高値は100レベル、絶対的な安値は0になります。 

 

この線が90を超えると、市場は買われすぎの可能性があります。逆に、指標が20のレベルを下回っている場合は、市場は売られすぎであることを示唆しています。 

 

下のチャートを見てみましょう。 

 

赤い矢印は、指標が80レベルを超えたところを示しており、買われすぎの状態を示唆しています。その直後、EUR/GBPペアは下落しました。 

 

その後、青い矢印で示したMFIが20を下回ったところで反発したことがわかります。 

 

短期的な反発ではありますが、反発には違いありません。MFIは、移動平均線やトレンドラインと同様に、フィルタリングをすることができます。 
 

買われすぎの状態


まとめると 

  • 80レベルは「買われすぎ」の状態です。 

  • 20レベルは「売られすぎ」の状態です。 

  • 初期設定では、過去14本のローソクを読み取ることになっていますが、変更することも可能です。 

  • MFIは他の指標と併用されることがよくあります。 

デモ口座でご体験ください

フィルターを追加する多くのトレーダーは、MFIに移動平均線を追加します。移動平均線は、トレンドの右側に配置することができるからです。 

 

MFIで買われすぎや売られすぎの状態を確認するには、移動平均線を上回ったり下回ったりする動きによって判断できます。 

 

別の例では、ボリンジャーバンドをチャートに適用して、両方の指標から売られすぎや買われすぎの兆候を探します。 
 

トレンド転換への勢いが増し始めている

チャートを見ると、青い矢印が始まったところで、市場が売られすぎのレベルを下に抜けたことがわかり、続いて市場がボリンジャーバンドのボトムを下に抜けたことがわかります。 

 

これは、MFIを見る限り、市場が売られすぎていることを示していますが、より重要なのは、両方の指標とも売られすぎを示しているということです。 

 

ボリンジャーバンドのボトムを突破したことで、現在は平均価格よりも2標準偏差下回っていることになります。 

 

この2つの指標で、市場への流入量が減少していることを確認できると同時に、統計的に見て市場が正常な状態から逸脱していることを確認できます。 

 

これは、ボリンジャーバンドの中央にある移動平均線が示すように、ほとんどの場合、「平均への回帰」を起こします。 

 

しかし、トレーダーによっては指標の天井を狙う人もいるでしょう。そのため、トレーダー自身のトレードスタイルによって取引方法は変わります。 

Any opinions, news, research, analyses, prices or other information contained on this website is provided as general market commentary and does not constitute investment advice. ThinkMarkets will not accept liability for any loss or damage including, without limitation, to any loss of profit which may arise directly or indirectly from use of or reliance on such information.
Back to top