ThinkMarkets > 上級者向け分析 > フィボナッチ比率

フィボナッチ比率

一般的に使用されるフィボナッチ比率は、100%、61.8%、50%、38.2%、23.6%です。これらの比率はチャート上に水平線で表示され、サポートとレジスタンスのエリアを示している場合があります。これらのレベルは、2つの極端なポイントの間にトレンドラインを引き、垂直方向の距離を主要なフィボナッチ比率で割って作成されます。これらの極端なレベルは、直近のスイングハイとスイングローとして知られています。

上昇トレンドのフィボナッチレベルを確認するには、スイングローからスイングハイに向けてトレンドラインを描きます。下降トレンドの場合は、トレンドラインを逆に引くだけです。次のチャートは、上昇トレンドにある価格のフィボナッチレベルを示しています。


Fibonacci Retracement

チャートを見るとわかるように、スイングローである1.000とスイングハイである1.14をクリックしてフィボナッチレベルをプロットしています。プロットされたフィボナッチレベルは、価格がどこまで行って、どこで反転するかを示しており、61.8%、38.2%、23.6%の各レベルに顕著に表れています。61.8%レベルは一般的なサポートレベルであり、上の例では価格が何度もこのレベルを試していることがわかります。より直近では、価格が38.2%レベルを突破して、このレベルを再度試していることがわかります。この例では、この通貨ペアが1.11の23.6%レベルを試すことが予想されます。

次のチャートは、下降トレンドの値動きに対してフィボナッチ比率をプロットしたものです。  ご覧の通り、スイングハイの1.1037からスイングローの1.0994までトレンドラインを引いています。ここでも、50%や23.6%といった重要なフィボナッチレベルで価格が反転したことがよくわかります。


Fibonacci Retracement

フィボナッチレベルは、決して絶対確実なものではありません。それらは、あなたが売買するエリアではありません。しかし、フィボナッチレベルは、将来的に価格がどこまで動く可能性があるのかを示唆する注目すべきエリアであると考えられます。
 

フィボナッチ比率とサポートおよびレジスタンスを組み合わせる

フィボナッチ比率は主観的なものですが、重要なサポートレベルやレジスタンスのレベルを特定するために利用することもできます。フィボナッチレベルを利用する方法としては、可能性として考えられるサポートレベルとレジスタンスレベルを見出し、そのレベルがフィボナッチレベルと一致するかどうかを見極めるというものがあります。これらのレベルを発見できれば、価格がそこから跳ね返る可能性は高くなります。

Fibonacci Retracement

チャートを見ると、フィボナッチの61.8%と38.2%という重要なレベルが以前からサポートとレジスタンスのエリアになっており、チャート上でこれを確認することで、これらのレベルは、市場にエントリーできるエリアである可能性があると考えられます。トレーダーは同じサポートレベルとレジスタンスレベルを見ているため、その水準近辺で多くの注文が入る可能性があります。