ThinkMarkets > 上級者向け分析

上級者向け分析

ThinkMarketsが取引を学び、試し、拡大するプロセスをサポートします。

上級者向け分析について

高度な分析セクションで、FX取引で最も一般的な分析について説明します。

日本のローソク足は選択された時間枠の4種類の価格(始値、終値、高値、安値)に基づく資産価格の分析に利用されるタイプのチャートです。
テクニカル分析とは、過去の市場データ(時系列の価格や数量など)を調べて価格の方向性を予測することです。
 
金融市場の方向性に影響を与える可能性のある経済指標や、政治的・時事的な出来事を分析するここといいます。
トレーダーは、チャート上のサポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)を見て、どこで買うか、どこで売るかを判断します。
 
フィボナッチ・リトレースメントは、トレーダーが反転の可能性のあるレベルを特定することができる比率です。ここでは、このリトレースメントをもう少し詳しく見てみましょう。