トリプルボトムの売買戦略 

トリプルボトムは、下降トレンドの終盤に発生する強気のリバーサル(反転)パターンです。このローソク足パターン は、売り方が連続してサポートラインを破れなかったことら、トレンドの方向性の変化が迫っていることを示唆しています。  

ここでは、トリプルボトムのチャートパターンの構造や何を示しているかを解説します。また、利益を上げるために役立つトリプルボトム取引戦略のヒントもご紹介します。
  

このパターンが教えてくれること  

トリプルボトムとは、その名の通り、同水準または同水準に近い3つの連続した安値で構成されています。このチャートパターンが発生して効果を発揮するためには、値動きが明確な下降トレンドにある必要があります。 

売り手は価格を下げて水平方向のサポートを最初に試しますが、買い手側の強い抵抗を受けます。その後、売り手が一息ついている間に、価格は上昇に転じた後、売り手が2回目の試みを始めます。  

2回目の試みの結果も同じようになりました。 依然として値動きをコントロールしている売り手たちが、2度目の失敗をしたことになります。 Triple-Bottom-Pattern-1-JP.png

一般的に、価格は、前回の反発時と同じくらいのレベルまで戻るはずです。下降トレンドが非常に強いことを考えると、売り手は買い手の決意を打ち破ろうと再び値動きを下に押しやりますが、今度もあまり成功しません。  

最終的には、売り手があきらめて、買い手が値動きの主導権を握り、今回は反発を大幅に拡大して、最終的にはこれまでの損失のほとんど、あるいはすべてを帳消しにしてしまいました。 

青い線は、弱気筋が下降トレンドを延長しようとして拒まれた水平方向のサポートラインを示したものです。さらに上には、2回の反発の高値を結ぶネックライン(赤い線)があります。   

ネックラインは、トリプルボトム・パターンの最も重要な要素です。ネックラインが上方突破されることでパターンが有効になり、指値と逆指値を想定するのに役立ちます。したがって、トリプルボトムのチャートパターンには、3つの機能があります。 

  • 下降トレンド - トレンドが下降している必要がある。 
  • 水平方向のサポート - ほぼ同水準の3つの安値を結ぶトレンドラインが引ける。 
  • ネックライン – このラインをブレイクすると、有効になる。 
     

重要性と限界 

トリプルボトムのチャートパターンは、あまり見られるパターンではありませんが、非常に効果的なリバーサル(反転)パターンです。同水準の安値が3つ連続して形成されることは、それほど頻繁に起こることではないため、このパターンは稀です。そのため、ダブルボトムの方が、安値が1つ少なくて済むため、より頻繁に起こるチャートパターンと言えます。 

一方で、その希少性から、非常に強力でパワフルなパターンともいえます。売り手は、3回連続して下降を試みて非常に疲弊し、買い手は強力な水平方向のサポートラインを守って自信を持っています。そうした中で、売り手はラリーにさらされることになります。 

トリプルボトム・フォーメーションに明らかな短所はありません。最大の欠点は、めったに発生しないことです。その点さえなければ、最強のリバーサル(反転)パターンと言えるでしょう。
 

トリプルボトムを見つける 

トリプルボトムは、その珍しさゆえに、非常に見つけやすいものです。まず、下降トレンド、が連続しているかどうかを確認します。3回連続して下方突破に失敗した場合は、チャート上でも目立つようになります(以下参照)。  

上述したように、ダブルボトムは、より頻繁に見られるチャートパターンです。チャート上の2つ目のボトムの後、価格がネックラインを上抜けたら、ダブルボトムを利用した取引を継続すると良いでしょう。  

一方、売り方が戻ってきて3回目のトライでサポートラインを破ろうとする場合、3回目のトライが失敗に終わるかどうか、値動きを注意深く観察する必要があります。ネックラインをブレイクすれば、トリプルボトムのチャートパターンが有効になります。 Triple-Bottom-image-2.jpg

上の米ドル/円チャートの、下降している部分に注目してください。下降が始まり、弱気筋は108.50ドル付近の水平方向のサポートラインを下回ろうと3回試みましたが、成功していません。さらに詳しく見ると、108.50ドルのハンドルには少なくとも8回到達しています(チャート上にはその最低水準を赤い矢印で示しています)。
 

トリプルボトムの売買 

上記で説明したように、トリプルボトムは強気の反転チャートパターンです。市場が反転したらエントリーできるよう、きっかけを探すことが大切です。そのシグナルは、ネックラインをブレイクすることです。  

上のチャート(4時間足)を見ると、強いブレイクアウトが発生し、これによって価格が上昇していることがわかります。このブレイクアウトのローソクはかなり高い位置で引けたため、市場に入るチャンスを逃したとして、1時間足チャート(下)に移動してエントリーレベルを特定します。 Triple-Bottom-image-3.jpg

ブレイクアウトを伴うすべてのチャートパターンと同様、エントリーの機会は2回あります。ブレイクアウトしたローソクがネックラインの上で引けた後か、再び試すのを待つかです。今回のケースでは、値動きが戻らなかったため、2回目の選択肢はありません。これは、ブレイクアウトがいかに爆発的であったかを考えると、ある程度予想することができます。  

ブレイクアウトの力は、市場が上に伸びる可能性が高いことを示しています。そのため、ブレイクアウトしたローソクがネックラインの上で引けたらすぐにエントリーを設定します。サポートラインとネックラインの間の距離を測る縦の青の線は、指値を設定するときに役立ちます。  

ブレイクアウトポイントを起点としたラインをコピー&ペーストするだけで、もう一方の端は利益確定を検討することができます。ネックラインの上で引けた後、価格がネックラインの下に移動した場合、このパターンは無効になります。そのため、ここが逆指値の位置となります。   

このブレイクアウトの力を考えれば、次の時間帯の取引で指値が作動し、33pipsの利益が得られたとしても驚きはありません。一方、リスクは17pipsで、リスク・リターン比率は1:2となり、収益性の高い設定とすることができました。